toggle

素材への想い

青柳の料理の基本

「素材」
素材の持つ個性を大切に、最大限に素材を伝える事が我々の仕事。
全ては魚介の素材本来の素晴らしさを美味しく食べて頂く為に考えております。

「魚介類」
季節感ある日本の豊富な魚介類たち。
鮮度がいいから美味しいのではなく、
鮮度がいい状態のものが美味しいものもあれば、熟成させてこそ美味しくなるものもあります。
また、提供温度により感じ方が変わってしまったりします。
だからこそ、素材を知る事が重要であり、
お越し頂くお客様には色々な魚介類をお召し上がり頂きますので、
「何を伝えたいのか」、「何を食べて頂きたいか」が心地よく伝わること、
それを大切にしております。

「調味料」
豊富な種類の魚介類の素材の味を繊細に感じていただく為に
調味料を感じさせない、素材を伝える為の調味料の使い方をしております。
薄味ではなく、素材を引き立てるための調味料、それが青柳流。
京都の調味料を使った京都らしさを感じる味わいが料理を引き立てます。

「お野菜」
季節のお野菜と魚介類を合わせることでさらに美味しくお召し上がり頂きます。
魚介に合わせて、野菜においてもその調和から生まれる美味しさが
最大限のものとなるよう、あらゆる工夫と趣向を凝らしております。